Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のおとぱそこん

 まだまだ夏休みの前田です。
8月後半は夏休みなのにとても忙しかったのですが
9月になってから急に暇になってしまいました。
そんなわけでとりあえず暇つぶしに日記を書いている
みるわけですよ。今日は最近購入したノートパソコン
について書いていこうと思います。

 購入したパソコンというのは東芝のdynabook,EX66MBLと
言う機種です。このPCは2010年夏モデルで、発売当初の市場
価格は15万円前後でしたが、企業の上半期の決算時期や
秋モデルが近いうちに発表される可能性があるためか
約9万円で買うことができました。(型落ち感は否めませんが)
実際は9万円+2万円のポイントがついたので実質7万円で
買えたと言っても間違えではないかもしれません。
 
 PC購入を検討している方はご参考に・・
箱
↑箱です。それ以上、それ以下でもありません。
見た目とは裏腹に結構軽いので電車での持ち帰りが可能です。

付属品
↑付属品です。ACアダプタ、マウス、取扱い説明書、
インストールディスクなどです。
「パソコンだけは動かせるぜ」と言った内容でしょうか。
ちなみに付属品のマウスはレーザー式のマウスだとのことです。
レーザ式のマウスは赤外線式のものよりレスポンスが良かったり
します。動きに不満を持った方はマウスの買い替えをおすすめし
ます。

天板

↑本体を上部から撮影しました。 全体に光沢処理を施し、高級感
を出そうとしているのでしょうが、私はあまり好みではありません。
(東芝のデザイン担当の方、すいません)

左面
↑次は左側面の様子です。
左から順に、映像用のVGA端子、HDMI、LAN、SATA(HD接続用)、
マイク、ヘッドホン端子となっています。

右面
↑次は右側面の様子です。
左から順にメモリーカードスロット、USB端子2つ、光学ドライブと
なっています。 実のことを言うとブルーレイドライブを搭載して
いるのを買うまで気が付きませんでした。

キーボード
↑キーボードです。
キーボードは好みが大きく分かれる部品です。私はノートパソコンの
平らなキーのほうが打ちやすいような気がします。
テンキーは学校のレポートを書くのに重宝しそうです。

スペック
↑スペック表です。
現行機種なので性能としてはそこそこだと思います。

全体
↑全体図です。
私は最近の家電の光沢感がどうも好きになれません。
PSPやDSなども表面に光沢処理をしていますがあれは
いい加減にやめていただきたい。 指紋が目立って
不愉快です。

インストール画面
↑セットアップ画面です。
私は自作PCのセットアップしかしたことがありませんでいた。
今回初めてメーカー品のPCをセットアップして、メーカー品の
親切仕様に驚きました。なんと!電源をいれてユーザー名を
入力するだけです。自作PCではBIOSの設定やパーティション、
OSのインストール、ドライバソフトのインストールなどをしなく
てはなりませんでした。ホントに驚きです。

丸い物体
↑40分ほどでセットアップが終了しました。
なぜか餅みたいな変な物体が出てきました。東芝のキャラクター
で、ぱらちゃんと言うそうです。

今日の日記はこれで終わりです。
暇つぶしで日記を書いていたのですが20分位で書き上げてしまい
結局、暇つぶしにはなりませんでした。

前田
スポンサーサイト

トライアック

 夏休みが始まったばかりの前田です。
 
先日、某自販機にて面白い飲み物を発見したので
紹介します。
ホットケーキ
ダイドーより
 「復刻堂 森永ホットケーキ ミルクセーキ」

肝心のお味のほうですが・・・
牛乳+卵+メープルシロップのような味、
まさしくホットケーキです。
しかし、味はホットケーキでも液体ですから
ホットケーキを焼く前の状態を食べている
ようなものなのです。
単刀直入に言いますと、ホットケーキは
おいしい食べ物では無いと思います。

前田

さて久々のなんとなくの更新、藤原です^^
ここのメールアドレス・パスワードを
未だ覚えてる自分が不思議です

…さて、我が家の台湾製acerパソコン
かなり発熱していて危険な状態っぽいです

色々な作業を行うとき
扇風機で冷却しながらではないと必ず電源が落ちます
もう最近ではラジオの編集も出来やしません
中途半端な状態(第○回・Part,2/4とか)なのはそのせいです


まぁ、その辺りはどうにか頑張ってみようと思います
―というかやっぱり最近メンバーに会っていない…

GTOサイリスタ

 日記を1ヶ月以上更新していないのでとりあえず書きます。
(と言うより広告を消したいだけであったり・・・・)
日記に書くネタが無いので前田の近状を報告したいと思います。

 最近私は微分方程式を解くのに夢中(?)になっています。
微分方程式とはその名の通り方程式に微分が含まれる方程式の
事ですが、その解法は色々あって面白いです。完全微分、
変数分離、同次形、線形微分、ベルヌーイなど。 
色々挙げましたが、微分方程式の解法の王道と言ったら
ラプラス変換ですよね。

 関数をラプラス変換でS領域にして、式を変形したら逆変換で
t領域にして初期条件を適用すれば微分方程式が魔法のように
解けてしまいます。この心地良く、スッキリとした演算は
中学校までの数学では味わえないでしょう。 
またラプラス変換で微分方程式を解くときに使う留数定理
と言う物もなかなか面白いです。
(ここで書くと長くなるので割愛しますが・・)

 結論としてラプラス変換は最強!ってことで

 それでは!!

思い出し笑いしているだけだよ・・・ by浅草のおっちゃん

  前田です。 
 1ヶ月近く誰も更新していないようなので・・・ 
とりあえず何でも良いので更新しようかと・・・

まあ、何はともあれ今回は電気回路の計算技術である、
鳳テブナンの定理について書きます。

 テブナンの定理とは複雑な回路(回路網)を一つの電源
と1つの抵抗で表現し、負荷抵抗に流れる電流を求めると
言う定理です。以下の図を見ればわかり易いと思います。
4.gif
 テブナンの定理は直流は勿論のことですが、交流の
計算にも使うことが可能で便利な定理です。 
(ただし、非線形素子の含む回路には不可)

 詳しい原理はともかく、これから実際に解いてみることにします。 
1.png
 問題 ↑の図の回路のR5を流れる電流Iを求めよ。

 いきなり問題を出されても解けないと思うので以下にテブナン
の定理による解法を記します。
 1、電源を短絡し負荷抵抗側から見た回路の抵抗
  (回路インピーダンス)を出す。
 2、負荷抵抗だけを開放したときの端子電圧(負荷抵抗
   の接続されていた点)を求める。
 3、端子電圧を電源とし端子電源と負荷抵抗と回路インピーダンス
  の直列回路を考え電流を求める。


 1番の回路インピーダンスの導出回路を図で表します。
2.png
↑問題の図の回路からR5(負荷抵抗)と電源が外されている回路
です。この回路のA点とB点から見た抵抗(回路インピーダンス)
を求めます。

Z = R1*R3/(R1+R3) + R2*R4/(R2+R4)
Z = 1*3/(1+3) + 2*4/(2+4)
Z = 3/4 + 8/6
Z = 25/12 Ω
コレで回路インピーダンスを導出することに成功しました。

 次に端子電圧を導出回路を図に表します。
3.png
↑問題の図の回路からR5だけを外した回路です。
この回路のA点とB点の電位差を導出します。これが端子電圧
となります。

Vab = Va - Vb
Vab = {R3/(R1+R3) - R4/(R2+R4)}*E
Vab = {3/(1+3) - 4/(2+4)} * 255
Vab = (3/4 - 4/6) * 255
Vab = (9/12 - 8/12) * 255
Vab = 1/12 * 255
Vab = 255/12 V

これで端子電圧を出すことに成功しました。

 最後に以下の回路を考えます。
4.gif
 回路電源Vは端子電源Vab、回路インピーダンスは
先ほど出したZ, 負荷抵抗はR5になります。
よって回路に流れる電流はオームの法則により、
  I = V / R
 となり、合成抵抗を考慮した電流は
I = Vab / Z + R5
となる。
 この式に先ほど出した値を代入すると・・・
I = (255/12) / (25/12 + 5)
I = 255 / (25 + 60)
I = 255 / 85
I = 3 A
 
 これで答えを導出することに成功しました。
 お疲れさまです。


ここまで回路の計算をしておきながら言うのも
どうかと思いますが、この問題、ちょっと見た
だけで答えがパッとわかったりします。 
 なぜ簡単に答えがわかるのかは自分で考えてみ
てください。 気が付くとかなりすっきりします。

 今日は疲れたのでここまでにします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。